ご相談方法

交通事故対応の流れ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

1.事故・治療

交通事故被害に遭われましたら、まずは病院に行き治療に専念し、怪我を治すことを最優先に考えてください。
事故直後から適切な治療を受けていることが、その後の保険会社との交渉のために大切になります。
通院回数が少なかったり、中断したりすると、適切な賠償金を支払ってもらえないことがあります。

2.症状固定・後遺障害

一定の期間医師の治療を受けた後、医師が完治もしくは症状固定(これ以上治療しても改善の見込みがない状態)の判断をします。
ここで完治した場合は、賠償金額に対する交渉をスタートします。
まだ痛みなどの症状が残ってしまった場合は、後遺障害が残ったことを認定してもらう手続きをします。後遺障害が認定されれば、認定の等級に応じて後遺障害に対する賠償金(後遺障害慰謝料や逸失利益)も請求することができます。

3.交渉・訴訟

弁護士と相手方保険会社との間で、賠償金に対する交渉が始まります。交渉をしても保険会社と和解ができない場合は訴訟を提起します。交渉や訴訟の進捗についてもきちんとご報告しながら進めていきます。

4.示談

保険会社との和解成立または訴訟で判決が出たら、保険会社からお金が支払われるのを待ちます。支払われましたら、当事務所との委任契約は終了となります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
名前