Fee

弁護士費用の種類

相談料 ご依頼前の法律相談を行った際にいただく費用。らおう法律事務所では、相談内容によっては初回無料相談もございます。
着手金 ご依頼いただいた手続きを開始するにあたり必要な費用。ご依頼内容によって金額は異なります。手続きの成功・不成功にかかわらずご返金できません
報酬金 ご依頼いただいた手続きが終了したとき、結果に応じて必要となる費用。得られた金額や成果の度合いに応じて金額が異なります。
日当 出廷などのため弁護士が一定の時間拘束された場合に必要な費用
実費 切手代・交通費・訴訟提起時の手数料など、手続きのために実際に必要な費用

借金問題・過払い請求

相談料初回無料。

個人の方

業務 着手金 報酬額
任意整理 3万円/1社
民事再生 30万円~ 0円
自己破産 25万円~ 0円
過払金請求 1万円/1社 経済的利益に対し20%

事業者の方

業務 着手金 報酬額
民事再生 50万円~
自己破産 50万円~

離婚・男女問題

相談料初回無料。

日当
2〜4万円
業務 着手金 報酬額
協議・調停 18万円~。
*ただし調停移行時には別途日当をいただきます。
  • 協議・調停成立時固定報酬金 18万円~
  • 別途、経済的利益に対し 16%
訴訟 14万円~
訴訟からの依頼は28万円~
  • 固定報酬金 28万円~
  • 別途、経済的利益に対し 16%
慰謝料請求のみ 15万円~ 経済的利益に対し 16%

交通事故

相談料初回無料。

日当
2〜4万円
業務 着手金 報酬額
示談交渉 0円 獲得金額の8% + 固定報酬金18万円
訴訟 20万円~
  • 経済的利益に対し 16%

刑事事件

相談料初回無料。

日当
2〜4万円
業務 着手金 報酬額
自白事件 20万円~ 固定報酬金20万円~
否認事件 40万円~
  • 固定報酬金20万円~
  • *ただし無罪の場合は50万円~

労働問題

相談料 初回無料。

日当
2〜4万円
業務 着手金 報酬額
示談交渉 15万円~ 最低報酬額 20万円。
事件の経済的利益の額が
  • 300万円以下: 16%
  • 300万1円〜3,000万円以下: 10% + 固定報酬金18万円
  • 3,000万1円〜3億円以下: 6% + 固定報酬金138万円
労働審判及び訴訟 10万円。訴訟からの依頼は20万円~ 最低報酬額 20万円。
事件の経済的利益の額が
  • 300万円以下なら16%
  • 300万1円〜3,000万円以下: 10% + 固定報酬金18万円
  • 3,000万1円〜3億円以下: 6% + 固定報酬金138万円

相続・遺言

相談料初回無料。

日当
2〜4万円
業務 着手金 報酬額
示談交渉 15万円~ 最低報酬額 20万円。
  • 300万円以下なら16%
  • 300万1円〜3,000万円以下なら 10% + 固定報酬金18万円
  • 3,000万1円〜3億円以下なら 6% + 固定報酬金138万円
調停・審判 10万円。調停・審判からの依頼は20万円~ 最低報酬額 20万円。
事件の経済的利益の額が
  • 300万円以下なら16%
  • 300万1円〜3,000万円以下なら 10% + 固定報酬金18万円
  • 3,000万1円〜3億円以下なら 6% + 固定報酬金138万円
遺言書・遺産分割協議書・公正証書等の作成 8万円 0円

不動産問題

5,000円/30分

日当
2〜4万円
業務 着手金 報酬額
示談交渉 15万円~ 固定報酬金 20万円〜
訴訟 10万円。訴訟からの依頼は20万円~ 固定報酬金 20万円〜

その他のご相談

相談料5,000円/30分

日当
2〜4万円
業務 着手金 報酬額
示談交渉 15万円~ 固定報酬金 20万円〜
訴訟 10万円。訴訟からの依頼は20万円~ 固定報酬金 20万円〜
公正証書作成 8万円 0円

備考

  • 全て税抜き価格
  • その他実費代(切手、印紙、交通費等)は別途ご負担いただきます。
  • 固定報酬金は、成果の度合いにかかわらず解決時に必ずいただく費用です。
  • 自己破産の場合、着手金とは別に裁判所に20万円程度の予納金を支払わなければならない場合があります。詳しくはご相談時にご説明いたします。
  • 費用のお支払いが困難な方へ: 法テラスの民事法律扶助制度も利用できます。
  • 報酬額における契約金額とはお客様が業者と契約した商品やサービスの料金合計を指します。